明日から

今週土曜日に開催される大会のために

明日から長野県の前川へ行ってきます。

コスタリカの世界大会ではテント泊なので

前川でもテント泊してきます。

では、皆さん前川の大会会場でお会いしましょう!

ツバメ返し

先日、柏木選手から長ーいパドルを譲り受けました。

先輩のヤスさんから伝わる宝刀であるとのこと。

自前で使っていたパドルは159cm。今回いただいたのは165cm位あります。

正直はじめは、

(いくらなんでも長過ぎて漕げないだろぅ~)と思ってましたが

本日のスラロームで使ってみたところ以外にもしっくり。

体重が乗せやすく、ストロークも長くとれるため効率よく漕ぐことが出来る感じです。

スィープ(ボートの方向転換や回転させる漕ぎ方)をするときも

がっちり水がつかめます。

もっとも、この「物干し竿」を佐々木小次郎さんなみに使いこなせるようになるには

これからガンガン漕ぎこんでいかなければなりません。

今日得たことは

「何事もやってみなければわからない!」

いいか悪いか、あーでもない、こーでもないとあれこれ考える前に

まず実際にやってみることが大事だということです。



live life paddle harder!
           古川 陽進

イチロー選手だって

たった今、四国より戻ってきました。

吉野川は大迫力で我々を迎えてくれ、

とてもいい練習ができました。

吉野川の支流のひとつ「穴内川」も

リバーフェイスと、ハッピーラフトのテルさんの

案内で下ることが出来ました。(岩だらけで落差あり)

パクアレ川に近い感じでいいトレーニングになりました。


さて、今回の遠征では「カラ漕ぎ」を個人的に朝昼晩やりました。

自分のフォームチェックのためにipodでビデオも撮りました。

「フォーム崩れてるなぁ、ここはもうちょっとこうだな」

少しずつですが改良できてるのも確認できます。

「素振りをしない野球選手はいない。

 イチローみたいな超一流選手だって自宅で素振りするんだ。」

と池田選手。

そうですよね、ラフティング選手にとって「カラ漕ぎ」は

野球選手の「素振り」なんですよね。



PS・・・まいど合宿させていただいてる「サファリ」の皆様
    お陰様でとてもいい環境で練習が行えます。ありがとうございます!



「雨降って地固まる」

live life paddle harder!

     古川 陽進

スランプだってステップアップ

コスタリカから帰って来て1週間。

体重をうまくパドルに乗せることが出来なくなってます。

みなかみでのモミーとヨーキくんに参加してもらったH2Hの

トレーニングで「これか!」という感触を得て順調に漕げていたのに。

ここにきてスランプ?

でも、大会直前ではなかったので不幸中の幸いだなと思います。

これは、世界大会までに更に高いレベルへいくため、

相模川の神様が私に課してくれた試練だと思います。

「6人乗りの前大会チャンプはブラジルだぞ、

 おまえはチャレンジャーなんだぞ!

 もっと精進するべし!」

地道に陸上空漕ぎ、水上空漕ぎ

全てのトレーニングをやっていくしかありません。

まわりには客観的にアドバイスしてくれる仲間がいるし、

良かった時の感触は身体に残っています。


相模川の神様と仲間達に感謝です。

これを乗り越えて一番高いところへ!!!

live life paddle harder!
           
古川 陽進

時間差攻撃

来てます。時間差時差ボケ。

小泉です。

帰国後積極的に日本のリズムを入れて頑張ってましたが、昨日くらいになって時差ボケ来ました。

21時就寝、深夜2時起床。

今日は個人調整日だったので午前午後と町田のジムへ行ってきました。

帰国してから、謎の腰痛に悩んでましたが、昨日今日とジムに行ったおかげで痛みはどっかに飛んで行ってしまったみたいです。

たぶん肩、腿に疲れが来てたみたいです。
私の場合肩(特に僧帽筋)に疲れが溜まりやすいので、そこさえうまくほぐせれば体全体が調子良くなります。

寝れないときは、こうゆうのを見てます。



小泉聡

Jet lag at 1:30AM

引き続き時差ぼけの池田です。
子供を寝かしながら同時に寝て(8時前)起きたのが12時。

それはいいとして・・・。

なでしこジャパンやりましたね!
暑さ対策で朝6時集合していたチームはPK戦までチーム全員で見ました。
いやー感動でした。
これまで野球のWBCもチームで世界一の瞬間を共有しました(2度とも)。
そして今回もメンバー全員で日本人が世界一になる瞬間を共有しました。
イタリアが前回W杯を取った時にもイタリアにいたり・・・。
いやー、やっぱり俺たち「世界一」に「縁」があるなーとつくづく思いました。

追い風を感じずにはいられません。

日本のため。

僕らが出来ることは今、日本のために戦うのみです。

達也みたいなかっちょいい映像は創れないけど自分の仕事を全力でやっていきます。
チームのために。
日本のために。


志高く
池田拓也

movie

今日の朝、ナデシコジャパンに大感動!!
この暑さ練習時間を2時間早めていたのでちょうどチームみんなで見る事ができました!
ナデシコジャパンに一足先にやられちゃいましたけど、ラフティングジャパンチームもやりますよ!!期待していてください!!

あとお待たせのコスタリカの動画編集したので大画面、大音量でよかったら見てください!!
(一瞬空が素敵な形に見える瞬間があります!みつけれるかな!?蝶々もいっぱい飛んでます☆)

時差ぼけの午前4時

おはようございます。
ただいま時刻は3時50分。
9時前に寝て起きたのは2時。
完全に時差ぼけです。

コスタリカ遠征を振り返ります。

現地に入り時差調整の意味もありすぐにトレーニングを開始。
気付いたら川に出なかった日は1日だけ。
こんな幸せな日々はありません。
でも僕自身結局時差ぼけは結構時間が掛かりました・・・。

今回の遠征で一番良かったこと。
それは地元の皆さんとの触れ合い。
もちろんトレーニングは大切ですし、ほぼ毎日していましたが
それ以上に大きかったのは地元の方たちとの交流ではなかったかと思います。
僕らが来たことをココロから受け入れてくれました。
感謝です。
僕らを凄く後押ししてくれます。

思い返すとこれは2007年韓国の時に似ています。
プレの時から地元の応援を得ることが出来てレースでは追い風が吹きました。
今回もそんな予感が。

それは今は分からないですが
遠くコスタリカの地に僕らを応援してくれる人たちがいる。
これは本当に感謝することです。

応援してくれる全ての皆さんのためにチームが一つになり
ココロに伝わるレースが出来るようにがんばります。

Pura vida!

志高く
池田拓也

コスタリカ遠征

PICT0092.jpg

263552_10150242303938966_51838023965_7205201_6547344_n.jpg

261494_128691097216772_100002276472685_221459_4719957_n.jpg
今回の遠征ではしっかりとコースの把握ができました。
それと一番よかったのが地元の方々とたくさん交流できた事でした。感激でした。
本大会では地域が一体となって世界大会が開催されると思います。
今回たくさんお世話になったmollejonesの村のみんなにも世界大会でも応援してもらえるような試合をするためにもあと約3ヶ月心技体しっかり高めていきます!!


帰国しました!

本日早朝にコスタリカより帰還しました!

現地の人々に支えられながらの練習で、とても成果のある遠征でした。

今日は時差ボケ解消のために午前は初動負荷トレーニング、午後はマッサージに出かけました。

早いうちに日本のリズムを入れたいですね。

遠征を通して、

「自分らしさ」を見つめ直せました。

世界大会に向けてやらなければならない課題が山積み状態で、自分でも何から手をつけて良いか見失ってました。

今回の2週間という期間で凄く精神的な整理が出来ました。

「直感したことをとことんやる。ガンガンやる。馬鹿正直にやる」

綺麗に、スマートにこなそうとするのは、私のスタイルではありません。

確実な一歩で前進していきます!


P7090168.JPG

*:スプリント、H2H、ダウンリバーのスタートポイント。


小泉聡
RAFTING TEAM TEIKEI
Calendar
<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
tags
archives
recent comment
Link

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45