つなぐ

三週間のオフも残すところ、あと六日となりました。

私は、先日28日からリラックス期間から移行し、準備期間に入りました。

28日に相模川で後輩たちが練習をするとのことだったので一緒にやりました。彼らは来年のリバベンに向けての練習です。チームメンバーも一新され、もう私と学生時代を過ごした者は1人しかいませんでした。

この日は、神大の3年、4年、早稲田ワンゲルのエースも練習に来て、一緒に彼らを指導しました。
リバベンチームには、テイケイチームがやっている基本ドリルを中心に練習しました。
やはりびっくり、ちょっと教えただけですぐうまくなりました。いい感じです。

その後、早稲田エースとジンギスカンを食べながら色々話しました。
「こんな大会があったら良いよね」
「どうやったら、ラフティングが盛り上がるか?」
彼は私の1つ下の学年で、会えばラフティングの話を熱くする仲です。

私は幸い学生ラフターにたくさんの知り合いがいるので、私の経験などを伝えていきます。


101130_1317~01.jpg

*写真:これがカラ漕ぎパドルです。よく質問に合うのでアップしました。ホームセンターに行けば材料は手に入ります。

小泉聡

とび蹴り

チームは現在オフ中。僕はもっぱら主夫してます。

朝食をつくり、仕事に行く嫁と保育園に行く息子の弁当をつくり、息子を保育園に送り、そのあと洗濯とけっこう忙しいです。

こんな感じで息子は通園です。


ニケツ.JPG

先月4歳になった我が息子は、最近ますますウルトラマンに夢中です。僕とのウルトラマンごっこも激しくなりつつなります。そんな彼が最近よく繰り出すのがとび蹴り。ウルトラマンレオのとび蹴りに影響されているらしい・・。

旅行先のホテルのベットでも、ひたすら練習してます。


とび蹴り.JPG

母校訪問

11月20日に私の母校、神奈川大学に行きました。
この日は年に一度のアドベンチャークラブの報告会があるためOBとして参加しました。

PB200261.JPG

*報告会の様子。自分の冒険で得た感想などを発表します。

今回の報告会では第一回リバベンに参加していたOBの方がいらっしゃって、当時の映像を見せて頂きました。利根川の水量は今よりも全然多く、その川を手作りパドル、水の抜けないボートで下っていました。


PB210262.JPG

*ボート修理をする部員。道具を大切にすることを重んじるのが神大アドベンの教えです。

来週は現役と練習なので楽しみです!!!

激流!!


3分45秒ぐらいからえらいことになってます!!


どこのメーカーのラフトだろう!?黒でかっこいい!!激流も景色も凄い。

アメリカチームのレースや練習ががこうやって見れるのっていいですね。
各国世界大会に向けてハイボリュームの川でレースしたり練習しているようです。
来シーズンは積極的にハイボリュームの川で練習していきたいです。
なんたってグレード5のコスタリカの川でレースするわけですからね。
自然の川ではあらゆる状況への対応力が大切になってきます。
コスタリカの激流ってどんなんだろう?
胸がゾクゾクしてきたー!!

平和の象徴レスキュー

チームはオフ。皆それぞれの時間を過ごしています。

私は今週は自分の身の回りの整理をしています。部屋のレイアウトチェンジ、掃除、道具の手入れ、事務作業など。

今日は午後にスラ艇で練習。ゲートを張ってやりました。


101116_1356~010001.jpg

練習中、カラスの襲撃にあったと思われるハトが目の前に落下。水面でバタバタしていたので、パドルでレスキューしました。ハトをカヌーに乗っけて漕いでいる私を見て、通行人は苦笑い。

何はともあれ、平和の象徴を救助しました。

シーズン最後のレース





コンセプト1本目 127,17 1ペナルティー 合計132,17
      2本目 133,47 0ペナルティー 合計133,47

テイケイ 1本目 133,15 0ペナルティー 合計133,15
      2本目 127,90 1ペナルティー 合計132,90

御嶽カップ運営スタッフのみなさま選手のみなさまお疲れ様でした。
今回は御嶽の地元の方々の温かいサポートもありました。
コースでは音楽あり、MCあり、応援あり、トップチーム多数出場で今までに無い盛り上がりだったと思います。
ハイテク技術でリザルトが発表されるのも超速かったです。
ナイトステージは大いに盛り上がりました。料理も超美味しかったです!!
いい大会で、いいレースができたと思っています。
本当にみんなのおかげでレースをさせてもらってるんだなとあらためて感じました。感謝です。
これもラフティングプランナー柴田様に頑張っていただいたからだと思います。本当にありがとうございます。
「選手のために、ラフティング界のために」という気持ちがビシビシ痛いほど伝わってきました。
だから自分はもっとラフティングでのパフォーマンスで大会を盛り上げていかなければいけないと感じました。
カヌースラロームチームの今回のパフォーマンスを見て、まだまだラフトボートの動きに大きな可能性があると思ったし、もっと進化した動きをつくっていきたいと思いました。

今回の大会では悔しい思いもしましたが、大きな学びもあり、大きな可能性を感じることができました。そして何よりシーズン最後のレース超楽しかったです!!
来シーズンもっといい大会、もっといいレースしていきましょう!!
ありがとうございました!!

感謝の言葉

チームテイケイ2010年シーズンが終わりました。
長年の夢であった世界選手権優勝を達成した大きなシーズンでした。

たくさんの皆様に支えられ応援していただき
今自分たちがここにいられる事に対して心から感謝しています。
ありがとうございます。

2011年シーズンはチームテイケイにとって
更なる成長のシーズンになります。
より強いチームになり
皆様に勇気と感動を与えられるチームになっていきます。
それには私自身更なる成長が必要だと感じています。

そのためにちょっとブレイクを入れます。
しっかり土作りをして今年以上の大輪の花を咲かせます!

2010年シーズン。
チームテイケイを支えてくれた全ての皆様に感謝いたします。
ありがとうございます。
引き続きチームテイケイをご支援頂けたら幸いです。

志高く

池田拓也



NEC_0061.JPG

御岳カップ

御岳カップ総合2位で終わりました。

この結果が今の自分をうつし出しています。

この大会で優勝することで、
先を走る先輩たちにどこまで近づけたか、そして結果から自信に変えるために臨みました。

勝つためにはもっと強くならないといけません。誰もが認めるような実力をつけてはじめて勝利を手にできると。

今回の御岳カップ、素晴らしい運営スタッフ、選手達とレースができた事に感謝します。

日本のラフターの皆様ありがとうございました。
来シーズンまた川で会いましょう。

小泉聡

今シーズン終了

おはようございます、八木澤慶太です。

昨日、東京の多摩川上流で御岳CUPが行なわれ、それが今シーズン最後のレースとなりました。4人制の大会で、参加チームも30チーム以上で、地元消防士のチームや、スラロームカヤックのチームが参戦したりとと大変な盛り上がりでした。

日本の男女トップクラスのカヤックスラローマー達がチームを組んでラフティングの大会に参加するという、国内では間違いなくトップレベルの大会となりました。

チームテイケイは7月の4人制のオランダ世界大会後、新メンバーを加え、ポジションも変えて6人制で10月までレースに臨み、そして今回また4人制のレースとなりました。

今回のレースではキャプテンのタクヤが抜け、今月から選手となったサトピーを加入、ポジションも世界大会とは変えて挑みました。

メンバーが1人でも異なれば、さらにポジションが違うとそれは全くの別のチームとなります。
色々な意味でとても緊張感のあったレースとなりました。

結果はスラローマーのチームにスプリントでは僅差の勝利。スラロームでは僅差の敗北となりました。それにより総合ポイントでも、スラロームの比重が高いため、敗北。

今レースでは、スプリントでもスラロームでも今回のチームのベストに近いパフォーマンスを出すことが出来ました。それで結果は負け。結果には満足できないが、その内容には納得という感じでした。

逆にオランダ世界大会では、チームのベストパフォーマンスは出来なかったが結果は優勝。こちらは内容には不満足でしたが、結果には満足という感じ。

レベルの高いレースでは、ベストを出してようやく勝てるようでは、最終的に勝つのは難しい。
8割くらいの出来でも勝てるくらいのレベルまで自分達を上げる必要があります。

今シーズン最後のレースでこういう経験を得られた僕達は運がいい。

スラローマーをはじめ、参加チームのみなさん。大会運営のみなさん。
ありがとうございました!!

いよいよ

画像-0437.jpg
マンガの1コマの内容です。「ラフティングでもそーなんだよ!!」と一人で叫んでしまいました。
ラインの共有は慣れたら簡単ですが、ターンのイメージをみんなで共有するのは本当に難しいです。それをパドリングで表現するのもさらに難しい。それをチーム全員でシンクロさせていかなければいけない。
しかしこれがビシッと決まるとかなり気持ちいい!!
自分で「速え~!!」と思ったときに、他のメンバーも「速え~!!」と思っていれば完璧。
それが徐々に出来るようになって慣れてきたら次の速さを求める。この繰り返し。
ターンの種類も増やしていろいろなゲートセットに対応させていくんです。
これは僕の中でのラフティングの魅力のひとつです。
そしてそれを発揮するのがレースの日。

そうです!!御岳カップです!!
いよいよです!!
ラフティングプランナーの柴田氏も鼻息を荒くしてもう既に御岳で皆さんの会場入りを待っているそうです。

明日からテイケイは御岳入りしてしっかり調整していきます。


みんな大吾さんを応援しています。セバスチャンガンバ!!
RAFTING TEAM TEIKEI
Calendar
<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
tags
archives
recent comment
Link

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45